​これまでの執筆・監修

2018年

『医学教育』49巻・第2号 p166 掲示板(意見) 日本の医学部・医科大学におけるLGBTに関する教育

治療 Vol.100 No.7 p802-805「LGBTQsの研究について」

治療 Vol.100 No.10 p79-81  「LGBTの思春期の診かた」

2019年

日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア

    2019 Vol.4 No.2 p79-81 ダイバシティ基本のキ「LGBTQsに配慮した診療をめざそう!」 

民医連医療560号「LGBT当事者医師としてのトロント医療視察での学び」

民医連医療565号 p23-27「医療介護福祉部会学習講演」より LGBTQsと医療について 

医学書院 週刊医学界新聞 第3342号 2019年10月14日  医療者が知っておくべきLGBTQsの知識 

治療  Vol.101 No.11 p1342-1345「貧困とマイノリティ」

2020年

治療 連載「ジェネラリストのためのLGBT講座」開始(~2021年) にじいろドクターズとして監修 

   以下執筆担当回

   Vol.102 No.4   p466-470     第1回 なぜ、医療従事者がLGBTについて学ぶ必要があるのか 

   Vol.102 No.5   p625−628    第2回 性の多様性についての総論

   Vol.102 No.6   p786-790     第3回 医療一般 問診・診察において配慮すべきこと

   Vol.102 No.7   p908−912  第4回  医療一般 病院・診療所単位で取り組むべきこと

   Vol.102 No.9   p1175-1179 第6回 Special populationとしてのLGBT

   Vol.102 No.12 p1563-1567 第9回 家庭医:ゲイ・バイセクシュアル男性のケア

   Vol.103 No.1  p111-116      第10回 レズビアン・バイセクシュアル女性の健康問題とケア

   Vol.103 No.3 p378−381  第12回 トランスジェンダーのケア:一般の医療のセッティング、紹介のタイミング

南山堂 『病院家庭医』監修 佐藤健太、宇井睦人

    p203-208「Ⅳ章28 周辺化された人々のケア”困った患者”??本当に困っているのは誰だ?」

日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア

2020 Vol.5 No.3 p8-11 ウィメンズヘルス「レズビアン・バイセクシュアル女性のケア」

メヂカルフレンド社 『新体系 看護学全書 健康支援と社会保障制度① 医療学総論』第一版

p18-19、 編集:武田裕子・大滝純司、第1章Ⅱコラム「LGBTQsの人々が医療機関に受診しやすくなるための配慮」

2021年

臨床雑誌内科 127巻5号「性的マイノリティ」

日経メディカル プライマリ・ケア連合学会が贈る『現場で使える総合診療』 キーパーソンは同性の同居人、対応はどうする?       (URL:https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/jpca/202104/569553.html)

日本看護協会出版社 『格差自体の医療と社会的処方』 編集:武田裕子、第4章5 「性の多様性への配慮」